MENU

コラム

Column

新型コロナウイルス感染症対策緊急事態宣言(3回目)と日本の現状

  • 2021年5月11日

しばらくブログの更新できずにすみませんでした。「かみみぞ中央診療所」の立ち上げ作業に何かと時間がとられてしまい、なかなかブログにかかる時間が作れませんでした^^;。 前回更新から色々起こりましたが遂に令和3年4月25日から5月11日まで3回目の緊急事態宣言が4都道府県に発令されましたね。連日の報道で皆さんもお分かりの通り、日々の感染者数も増え続けておりますね。あれで国民の危機感情や意識を上手く誘導できると考えているのでしょうか?(~_~;)困ったものです。あのやり方の報道では、もう国民の意識を蔓延防止対策強化に向けることは難しいと思いますが・・・。皆さんはどう思われますか? 主要メディアでは新規感染者数とコロナ病床の稼働率しか報道しませんが本来は感染者増加率と再生産数(基本再生産数、実行再生産数)で議論されるべきところなのです。報道関係者には 理数系の方はいらっしゃらないのでしょうか?懸命な皆さんはそこら辺のところで騙されないように注意して下さい。本当に爆発的増加を伴っているのか?それとも終息段階に入ってきているのか?この感覚で行動様式のあり様はだいぶ違うと思うんですよね。ここで解答を書いてしまってもいいんですが、あえて!是非!ご自分で真実を調べて見て下さいww。また、医療現場とりわけコロナ病床が逼迫している状態なことも同一次元で議論されているのをよく見かけます。これは感染者数が増えているという問題のみで議論されるべき課題ではありません。その原因の多くは日本の医療体制そのものにあると思われます。ここ数十年で高齢者医療にシフトし過ぎたツケがここにきて顕在化されただけなんだと思います。本来あるべき方向でない体制に極振りすることを国としても見過ごしてきたんです。過去のブログを読んで下さっている方にはもうお分かりだと思いますが、過度な機能分化と高齢者医療極振りの結果が現在の医療体制です。このような体制の危うさに気づかれた方がいたとは思いますが、政府はほとんど何の対策も講じないままコロナ禍に突入してしまったんです。そんな中、ワイドショーなどで平和ボケしている内容の放送が毎日流れています。ですが現実は平和とは程遠い状況です。と言うのも、またまた我が国では多方面で重要な事件が起こっております。これも大半の方は気付かれてもいないこととは思いますが、結論から申しますと「世界の半導体がヤバいのです」。突然に何を言い出すのかとお思いの方もいらっしゃると思いますが前回は「種苗法」でしたね。今回もコロナの陰に隠れてしれっとヤバいことをやろうとしているんですよ、この国は(~_~;)。いやー、日本もよくやるわー、って次から次へとホントによく思いつきますわww。 皆さんは、とある台湾企業の名前を知っているでしょうか?ここでは直接名前を挙げることは避けておきますが、世界の半導体市場の60%以上の市場と高性能半導体市場の80%以上を占める企業で、とある国(台湾以外の)とズブズブな関係の企業があるんですが日本の国税を使ってその企業を日本国内に誘致しようとする動きがあるんです。それがどうした?って思う方もいるとは思うんですが、これが我々一般の市民にも確実に関係してくるんですよ。現在、自動車業界の生産能力が格段に落ちていることはご存知ですか?トヨタや日産などの国内産業だけでなく世界の自動車業界は現在困ったことになっているんです。何せ自動車に使用する半導体が入荷されなくなっているわけですから製造できるはずがありません。世界の半導体市場は極端に偏っていて最先端の半導体供給は、例の台湾企業か韓国のサムスン、この2社でほとんどの市場供給を占めているんです。いや、我が国にも優秀な半導体製造企業はあったんですよ!過去にはねwでも相変わらずのこの国のトチ狂った政策の犠牲になり現在はかなり業績が落ち込んでいます。優秀な技術者もいるんですが活躍の場が失われているんです。そこに来て、最近は東芝を海外企業に売りましたね。東芝って我々の感覚からすると家電などで馴染みが深いですよね。でも、実はそれってかなり小さな側面でしかないんです。その技術は軍事に利用されていたところが大きんですよ。自衛隊の航空機や戦艦など、ありとあらゆる国防に関わる場所に技術が入っているんです。それを外国に売るって (゚o゚;;正気の沙汰とは思えません。世界情勢が微妙に緊迫感を持っている今、軍事防衛に関わる企業を海外に売る。皆さんはどう思われますか?政界にも多くの売国奴がいてそれを囲んでいる既得 権益層が分厚く存在しているんですね。この様な動きは我々の周囲にあるインフラにも確実に及んできています。水資源や水道のインフラ、エネルギー関連事業など。巧妙に自然保護、SDGs、地球温暖化、エコ事業などを隠れ蓑にして一歩ずつ、でも確実に我々の社会を蝕んでいるんです。思えば、小泉政権での郵政民営化のころから加速度的にこの動きは活発化してきましたね。某国バナナ事件も怪しかったし(パイナップルもですが(~_~;)フルーツ大好きかっ!!)、グローバル化 とか言いながら特定の政党とも繋がって好き勝手にやりたい放題でしたもんね。政治腐敗って国をここまで没落させてしまうんです。そろそろ我々国民も気づいた方がいいですね。間に合うかどうかはまた別問題ですが( ; ; )。日本の実質GDP成長率がマイナス化していることを考えると他国の企業を誘致している場合ではないんですがね。そのくせプライマリーバランス黒字化ってww 何をしたいんでしょう?ここまでくると呆れてしまいます。と言うか気づかれないとでも思っているんでしょうかね。まあ、歴史的には今回の新型コロナ規模のパニックを利用して、とんでも法案を通したり閣議決定してきたことは過去にも山ほどあるわけですが、流石にこれだけ繰り返されたら今回もあるだろうねーって、アンテナ張る人間もいるわけですよ。というわけで話が逸れたように感じている方もいらっしゃると思いますが、周り回って医療機器製造や保険衛生にも関わってくる問題なんです。私も含め真剣に考えねばならない問題だと感じましたので今回はこの様な話題となりました。昨年度の補正予算が使用されないままな問題など、まだまだ書き足りないですが今回はこの辺で失礼いたします。

かみみぞ中央診療所
院長  片野智之

【アクセス】
〒252-0243
神奈川県相模原市中央区上溝3926番10